読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1964年・ブカレスト・ライブCD

今年の2月、エレクトレコードより1964年9月15日のブカレスト・ライブ音源が発売された。【販売・東武ランドシステム ERT1027-2 】

当時ルーマニアで行なわれていた、「エネスコ音楽祭」にウィーン・フィルと出演した際の記録で、モーツァルト交響曲第40番とブラームス交響曲第1番である。

f:id:anifmura:20150513092118j:plain

カラヤンの演奏会での、モーツァルト交響曲第40番の演奏頻度は極端に低く、このCDは非常に貴重な音源であることは云うまでもない。

80年代から90年代に、イギリスやドイツのカラヤン・コレクターとライブ音源を交換したが、この「ブカレスト・ライブ」はその膨大なリストに載っていなかった。

また、このCDのライナーノートには、当時のルーマニア国営エレクトレコードでは、「音楽祭記念盤」で少数の2枚組LPレコードを製作・販売したことと、今回のCD化にたっては、マスターテープによって行なわれたことが書かれてあった。

2枚組LPレコードの存在は全く知らず、驚きであった。

ただ残念なことに、この9月15日の演奏会ではモーツァルトの後にR.シュトラウス交響詩ドン・ファン」が演奏されており、それがないことである。また、60年代前半のウィーン・フィルの国外演奏会ではアンコール曲もあったであろうから、たとえばカラヤンが得意の「天体の音楽」や「うわごと」がアンコール・ピースが演奏されていたかもしれない。

2015年にCD化された音源は、今後永久に伝えられていくであろうが、この時点でCD化されなかった曲は、日の目を見ることが永久に閉ざされてしまったわけである。

2枚組のCDの販売で、価格が倍になったとしても、マスターテープが存在しているのだから、一日分全体のCD化をして欲しかったところである。