読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザルツブルク音楽祭・初登場

今年もザルツブルク音楽祭が開幕している。

Salzburger Festspiele – 18. Juli bis 30. August 2015

カラヤンの初登場は1933年で25歳の年であった。

戦後は公式に資料が残るのは1948年と1949年の年で、1957年以降は毎年の参加であった。

f:id:anifmura:20150731102007j:plain

ただ1933年の初登場は、モーツァルテウム音楽院管弦楽団による、パウムガルトナー作曲の音楽劇「ファウスト」の付随音楽のみを指揮した事になっていて、プログラムをみると、カラヤンの名前の前にはもう一人の指揮者名があり、ダブル・キャストであったことが判る。さらに名前の表記も "Heribert von Karajan" になっている。

f:id:anifmura:20150731102625j:plain

f:id:anifmura:20150731102717j:plain

この年は、R.シュトラウスが「フィデリオ」、ワルターが「オルフェオとエウリディーチェ」「トリスタンとイゾルデ」と「魔笛」、クレメンス・クラウスが「ばらの騎士」「フィガロの結婚」「コジ・ファン・トゥッテ」と「影のない女」を指揮しており、オーケストラ・コンサートではウィーン・フィルハーモニー管弦楽団R.シュトラウスワルターが「モーツァルト・プログラム」を、さらにワルターマーラー交響曲第4番ほかとヴェルディ/「レクイエム」を、そしてクレンペラーブルックナー交響曲第8番などを指揮しているので、カラヤンは時間の許す限り、これら巨匠たちが指揮する演奏会に接していたと思われる。