読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【新譜】R.シュトラウス/ウィーン・フィル

ご紹介が遅くなったが、今月初旬より「ザルツブルク音楽祭」のライブ音源・新譜がCDショップに並んでいる。

f:id:anifmura:20150923125256j:plain

【C909 151B】

ORFEO D'OR の「フェスティヴァル・ドキュメント・シリーズ」で、1964年8月30日のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との演奏会より、R.シュトラウス交響詩ドン・キホーテ」と交響詩ツァラトゥストラはかく語りき」の2曲である。

ソリストはピエール・フルニエ(チェロ)とルドルフ・シュトレング(ヴィオラ)である。

f:id:anifmura:20150923125944j:plain

同じソリストと曲目の組み合わせで、6月のウィーン・フィル定期演奏会(6月20日、21日、22日)が予定されていたが、カラヤンとトラブルが生じて、フルニエが降りエマニュエル・ブラベッツが替わって演奏したという演奏会から、和解をした演奏会と歴史は伝えている。

解説書にお二人の写真がないので、ザルツブルク音楽祭のプログラムより転載することとする。

f:id:anifmura:20150923130727j:plain

f:id:anifmura:20150923130744j:plain

【ピエール・フルニエとルドルフ・シュトレング】

今後もライブ音源が多数CD化されることを望んでいる。