読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオンティーン・プライス/クリスマス曲集

カラヤンの数ある録音の中でも、12月のこの時期、特に売れ続けている一枚がある。

1961年にイギリス・デッカのジョン・カルショウのチームとウィーンのゾフィエン

ザールで収録した、レオンティーン・プライスを起用した「クリスマス曲集」である。

f:id:anifmura:20151221090605j:plain

収録されてる曲は次の通りである。

①グルーバー(マイヤー編)/きよしこの夜

メンデルスゾーン(マイヤー編)/天には栄え

③ホプキンス(マイヤー編)/われら東方の3人の王

④民謡(マイヤー編)/荒れ野の果てに

⑤もみの木

⑥ともによろこびすごせ

⑦ウィリス(シアズ編/マイヤー編)/あめなる神には

⑧J.S.バッハ(ルター編/マイヤー編)/高き天より

⑨民謡/幼子イエス

シューベルト(サヴァティーニ編)/アヴェ・マリア D.839

⑪アダン(トゥッツァウアー編)/オー・ホーリー・ナイト

⑫グノー(サヴァティーニ編)/アヴェ・マリア

モーツァルト/モテット「エクスルターテ・ユビラーテ」K.165より「アレルヤ

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とウィーン・グロスシュタット少年合唱団、

ウィーン楽友協会合唱団が共演している。

f:id:anifmura:20151221091353j:plain

この年の12月に発売させるために、録音は6月3日から5日の3日間に行なわれてい

る。6月にクリスマス曲を録音するとは、歌う側、録音する側は、どんな気持ちだった

のであろうか?

だが録音から半世紀以上も経っても聴き継がれるというのは、すばらしいことである。

これらの曲の選び出しや収録順の決定にカラヤン自身は、どの程度関わったのであろうか?

f:id:anifmura:20151221092021j:plain

手持ちの写真の中から、カラヤンとプライスが一緒に写っているいるものを捜してみたら、この一枚があった。

ちょっと後ろ姿なのだけども、キャプションは1963年11月・ゾフィエンザールで「カルメン」録音セッションと書かれている。