読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団450周年記念CD

ドイツ・グラモフォン ( DGG 459 159-2 )  "450 JAHRE SÄCHSISCHE STAATSKAPELLE DRESDEN 1548-1998" にカラヤンの音源が入っていることを確認した。

f:id:anifmura:20160514103951j:plain

f:id:anifmura:20160514104031j:plain

カルロス・クライバー、フランツ・コンヴィチュニーカール・ベーム等蒼々たるメンバーの中に、カラヤンも1972年のザルツブルク音楽祭で共演したシューマン交響曲第4番の終楽章が収録されている。

1972年のザルツブルク音楽祭では、8月13日の「第8回オーケストラ・コンサート」にドレスデン国立歌劇場管弦楽団と出演している。

曲目はベラ・バルトーク/ピアノ協奏曲第3番(ケーザ・アンダ)とローベルト・シューマン交響曲第4番の2曲であった。

f:id:anifmura:20160514105102j:plain

【DG 447 666-2】FESTSPIEL DOKVMENTE

f:id:anifmura:20160514105247j:plain

ザルツブルク音楽祭」には、この1972年のほかにも、1965年と1976年にもドレスデン国立歌劇場管弦楽団と共演している。

また、1970年にEMIに収録した、ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲盤も忘れることの出来ない録音である。