読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ショスタコーヴィチを見舞う死の乙女」

カラヤンの長女イザベルが、今月サントリーホールで「一人芝居」を公演する。

f:id:anifmura:20161105094837j:plain

11月19日(土曜日)の予定で、ザルツブルクイースター音楽祭 in JAPAN 
の公演中、サントリーホール・ブルーローズで行なわれる『ショスタコーヴィチを見舞う死の乙女-不安についてのコラージュ』というタイトルでの一人芝居である。

www.suntory.co.jp

詳細はサントリーホールのホームページをご覧いただきたい。

また、イザベルからのメッセージは下記のサイトで見ることが出来る。

http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/feature/salzburgeasterfest/pdf/isabelkarajan.pdf

2012年8月に行なわれた「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」での、オネゲル/「火刑台上のジャンヌ・ダルク」の以来の日本での公演になる。