初出音源 園田高弘との共演(昭和29年)

昭和29年にカラヤンが単身来日し、NHK交響楽団に客演指揮した演奏会のうち、これまでその音源の存在が知られていなかった、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番(ピアノ・園田高弘)がCD化され、来月末にリリースされることが発表された。

f:id:anifmura:20180509144850j:plain

【King International KKC2152】

この園田高弘と共演したベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番の音源は、1954年(昭和29年)4月7日と8日に東京・日比谷公会堂NHK交響楽団の臨時公演として行われたもので、これまでその録音の存在が確認されておらず、全くの初出音源となるものである。

f:id:anifmura:20180509145445j:plain

f:id:anifmura:20180509145512j:plain

【プログラムの園田高弘の写真と当日の入場券】

2枚組のもう一枚、4月21日のチャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」は、すでにCD化されているが、マスタリングをやり直し発売されるという。

このところ初出音源の発売がしばらくなったので、今回の発売が待たれるところである。