読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越野栞 「ザルツブルク日記」

近代文藝社より、越野栞著「ザルツブルク日記」(ISBN4-7733-2688-3)と「続・ザルツブルク日記」(ISBN4-89039-223-8)の2冊が刊行されている。

f:id:anifmura:20150823151143j:plain

著者の越野さんは、都立高校の教師をしておられ、夏休みの期間中を利用してザルツブルク音楽祭に参加された、詳細な日記である。

「正編」には1980年から(81年を除いて)89年までの9年間が収録されている。

成田空港出発のこと、乗り継ぎ便のこと、定宿のホテルでのこと、ゲトライデ・ガッセや旧市街地・新市街地を歩いたこと、カフェのこと、昼食のこと、行きつけの美容院のこと、お土産屋さんのこと、現地で出会う友達のこと、そしてなりより祝祭劇場などで行なわれたコンサートのこと、オペラのこと、盛りだくさんである。

もちろん、カラヤン指揮のオペラも「ばらの騎士」(83年と84年)「カルメン」(85年と86年)「ドン・ジョヴァンニ」(87年と88年)の詳しい記述がある。

オーケストラ・コンサートもカラヤンの演奏会を含めて、実に効率よく通っておられている。よくも貴重な入場券を集中的に入手出来たものかと驚く。

f:id:anifmura:20150823152555j:plain

「続編」はカラヤン没後の1990年から96年までの7年間が収録されており、滞在期間が増えて、ますますの記述がふくらんでいる。

もちろん、アニフ教会に詣でる様子も記されている。

f:id:anifmura:20150823153032j:plain

【最初に建てられた、木製十字架の墓標】

f:id:anifmura:20150823153102j:plain

【花輪であふれるカラヤンのお墓・共に1989年7月30日撮影】

カラヤンが活躍した80年代とその後の1990年代の貴重な記録で、当時のオーストリアはまだシリングであったことを、懐かしく思い出した。