読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルリン・フィルとの最終演奏会

1989年3月に行なわれた、「ザルツブルク復活祭」でのベルリン・フィルとの共演が、カラヤンにとってこのオーケストラとの最期の演奏会になった。


3月27日18時30分より祝祭大劇場で演奏された、ヴェルディ/レクイエムの時のことである。


ソリストはアンナ・トモワ=シントウ(S)、アグネス・バルツァ(Ms)、ヴィンスン・コール(T)、パーター・ブルチュラーゼ(Bs)、ウィーン楽友協会合唱団という布陣であった。

f:id:anifmura:20161024134258j:plain

f:id:anifmura:20161024134334j:plain

この日の録音は、会場客席で撮られたプライヴェート録音が存在するのだが、終曲の "Libera me" が消えるように終わったのち、客席の片隅からパラパラと拍手が起こるのだが直ぐに止んでしまう。


その後しばらくあって指揮台付近ではコツコツと靴音が聞え、そのあと楽員達が立ち上がり解散するところまでが録音されている。

 

この演奏会の新聞報道では、演奏中からカラヤンの顔面は蒼白で、終演後にパラパラと起こった片拍手はカラヤン自身が手を挙げて制止ししたと伝えられている。
また、一度舞台から下がって再び登場することはなかったとも伝えられている。
コツコツ聞える靴音はステージ・マネージャー(カラヤンの介添え役の方)が出てこられ、カラヤンをつれて下がったときのものと考えられる。

 

いつもなら終演後は熱狂的な拍手が続くのが常であって、宗教曲の場合でも拍手は起きているだが、この演奏会の録音は違う様子を記録している。

 

3月21日の同じ曲目での演奏会録音はオーストリア放送協会でオン・エアーされた録音が存在するが、やはり拍手は起こるが止められている。
その後、再び拍手が起こるが止められ、それが何度か繰り返されている。

 

3月27日の拍手は1回切りである。それもごくわずかな人によって、ほんの数秒である。

 

1938年4月8日にベルリン・フィルを初めて指揮してから、1525回目の演奏会であった。この演奏会の写真は未だに見たことがない。